BLOG
ブログ
暮らし・家づくりに関する
情報がいっぱいです

三輪 富生

三輪 富生

2020.03.07

てくとの家の【花粉症対策!】3つの秘密を解説します!

愛知県岡崎市の「家づくりコンシェルジュ」

てくとの家の三輪です。

 

花粉が飛散するシーズンに突入

花粉症の人は悲惨なシーズンに突入!

・・・・

笑えませんね(^^;;すみません。

  

日本国民の「4分の1」の人が花粉症と言われてますが

4人家族だとすると、誰かが花粉症でもおかしくない状況ということなんですね。

  

 

花粉症の人がてくとの家に来たら、

なんだか症状が軽くなった!

なんてことがあったりします。

 それには理由があるんですが

今回はてくとの「花粉症対策」について

書いてみようと思います。

 

花粉症について

まず、花粉症について、念のためご説明します。

知ってるよって人は、この部分は飛ばしてお読みくださいね。

  

薬剤師さんに聞いた情報によると

花粉症とは、自分自身の免疫が、過剰に反応している状態であるそうです。

  

異物である「花粉」を外に出すために「クシャミ」「涙」「鼻水」がでます。

  

その反応が敏感になり、過剰に反応しすぎて止まらなくなり、必要以上に出てしまっている状態が「花粉症」ということだそうです。

  

  

  

花粉症の症状がひどい人ほどてくとの家の岡崎モデルハウスに来ると効果がわかりやすいんですが

帰るちょっと前に「花粉症ですか?」と聞くと

「そうなんですが、今は症状がおさまってます。」という返事が多いんです。

てくとの家の花粉症対策の3つのポイント

1つ目のポイント

一つ目のポイントは、花粉が入りにくいフィルターが付いていること。

2つ目のポイント

2つ目のポイントは、花粉が入りにくいように家の隙間を少なくしてること。

 

3つ目のポイント

3つ目のポイントは、花粉がたまりにくい家になっていること。

 

ポイントを解説

短時間で花粉症の症状が軽くなったのはこの3つのポイント。

3つのポイントは、繋がりがあるので同時に解説していきます。

花粉症の人は、外出すると、その症状がひどくでます。

これは、外にたくさん飛散している花粉が招く

悲惨な状況。

・・・・・再び笑えないですね

あなたの近くに花粉があるからです。

建物の中に入れば安全か?

というと、意外にそうでもなく

症状が変わらないこともありますよね。

ひどい花粉症の人ほど感じてるでしょう。

ということは、建物の中にも花粉があるということ。服にも付いてしまってるしどこにいても休まる場所がなくてつらいところ。

てくとの家は、なぜ花粉症がつらくなりにくいのか?

では、てくとの家のモデルハウスや

実際に暮らしている人のお宅では、どんな秘密になってるかというと、

家の隙間を少なくしているからです。

例えば、

コンセントの周りや電気のスイッチの周りに

手を当ててもらうとわかるんですが、

風を感じませんか?

特にわかりやすいのが、キッチンの換気扇を回してからコンセントに手を当るとわかりやすいと思います。

今、ご自宅にいるのなら、試してみてください。

風を感じましたか?

そうコレが家の隙間です。

 

風が入ってくるということは、空気中の花粉も一緒に入ってきてます。

大事なのでもう一度!

家に隙間があると、空気の中の花粉が入ってきやすい!

この、

後からじゃわからないような隙間は、

工事中の段階で気をつけて隙間をなくしていきます。

主なやりかたは、気密シートと言われるシートを家中に張ります。

実はこのシートを貼る行為は、

カビの対策にもなってます。

なぜカビの対策になるのかついては、
勉強会で解説していますので、
参加して聞いてみてください。←かなり重要です。
ほぼ毎週開催してる家づくり勉強会です

隙間を少なくして、決まった穴から空気を入れてあげることで、家の中の空気に流れを作っていきます。

「流体設計」という設計です。

 

住宅雑誌や家づくりの本によく書いてある

「計画換気」と言われています。

 

そこに、花粉を通さないフィルターを付けておけば、花粉を取り除いた空気だけが家の中に入ってくる。

 

ついでにチリやホコリも取り除いてくれる。

 

どうですか?

イメージわきました?

ただ、これだけではまだまだなんです。

まだ花粉が入ってくる余地がある!

服に付いた花粉や、頭、持っていたバッグなどについてた花粉、出入り口で、人と一緒に入った花粉は、どうするのか?

それは、室内の換気が重要になってきます。

花粉などは、重量があるので、床付近にたまります。

 

てくとの家の換気は、床に付いてますので

床付近に落ちてきた花粉は、素直に床で排気するので、天井や壁の上のほうに付いてる換気扇とは違い、花粉が舞うことがかなり少ないです。

実際に、モデルハウスで見ることができます。

3つのポイントまとめ

3つのポイントのまとめると、

「花粉が入りにくい工夫がしてあり、花粉を素早く外に出す工夫がしてある家」

ということで、花粉症の人が「ラクになった」

「休まる場所ができたことで花粉症がつらくなくなった」と言う人が多い。

てくとの家の花粉症対策の秘密♡でした。

てくとの家は、お医者さんではありませんので、

花粉症がラクになったり

つらくなくなったという人の声は、

あくまでもそのかた個人の意見です。

花粉症が治るということとは違いますので

あくまでも個人の感想ということでご了承ください。
 
 
※健康増進メディア『柔YAWARA』に寄稿させていただいた花粉症対策の記事です

住宅メーカーてくと代表が教えてくれる『どこの家でも出来る花粉症対策』 | 健康増進メディア『柔 YAWARA』

愛知県のハウスメーカー『てくとの家』代表で暮らしアドバイザー三輪富生による寄稿記事。一般的な住宅で今日から意識することができる花粉症対策のポイントについて徹底解説。花粉症は肩こりや頭痛の原因にもなるので暮らしからまずはしっかり対策しましょう。

表示する

 

てくとでは、

「あなたにとっての豊かな暮らしを一緒に考えます」をスローガンに、

お客様が笑顔と幸せになれるよう、サービスを提供していきます。


何かありましたら、お気軽にてくとまでお問い合わせください。

↓公式LINEからもお問い合わせできます

友だち追加
トップへ