BLOG
ブログ
暮らし・家づくりに関する
情報がいっぱいです

三輪 富生

三輪 富生

2019.12.13

世界一小さな森づくり始動!都会でも田舎でもない「住宅地」に森を

1年間に12棟限定!愛知県岡崎市で、暮らしから考える住宅の設計や暮らしそのものを提案する「株式会社てくと」が新サービス「世界一小さな森活動」を始めます。

 

てくとでは家の中で自然を感じたり季節を感じる、そんな提案を大切にしてきました。

 

環境を考えてゼロエネルギー住宅も積極的に促進しています。

 

そんな「てくとの家」が「森づくり職人」と連携し、都会でも田舎でもない住宅地に「小さな森」をつくるサービスを始めます。

 

樹木3本から始められる世界一小さな森づくりです。

背景として

地球規模での問題の1つに「森の減少」があるのをご存知でしょうか?

樹木には二酸化炭素を吸収する効果の他に

「ヒートアイランド現象」を抑制する効果があります。

 

光合成をしている樹木は、葉が日光の一部を吸収します。

さらに

蒸散によって、葉の温度が低下します。気化熱というやつです。

 

その気化熱によって、植物がアスファルトやコンクリートのように熱くなることもありません。

 

植樹に落葉樹を用いれば、夏は涼しく、葉の落ちる冬は、暖かくなるという効果も期待できます。

 

ご自宅の庭や玄関先のちょっとしたスペースに

「畳3枚分」のスペースがあれば

「森を構成する仕組み」を作り出せることが研究によってわかりました。

 

「森」という字は木が3つ。

 

そんな空間を作れば、

地球環境を良くすることにつながるのでは?

てくとでは、そんな考えから「小さな森づくりプロジェクト」を展開しています。

 

小さな会社のてくとが大きな森づくりを行うには、あまりにもハードルが高く、

 

予算の面や管理が難しかったり、山火事が起こってしまったりしますが、

小さな森をコツコツとたくさん出来ることで、

いずれ大きな森に繋がっていくことを夢見ています。

 

小さな森のメリットとしては、

山火事で一発アウトということは少ないこと、

家庭それぞれでの管理でいいので、森が守りやすいこと、

大きな森づくりの予算と比べて、比較的取り組み安いこと、

そしてなによりも、

各家庭の庭に遊びに来る、生き物たち、

木に育つ実や果実などは食を身近に感じられたり

自然の恩恵を受けられて癒しがじっくり味わえます。

 

森づくり職人とは?

森の職人 ジネンガーデンの代表 江川さん

森の職人 :ジネンガーデンの代表  江川 聡さん

Q.森づくりは何年くらいやってますか?

もう、10年くらいでしょうか。
当初は、数本の樹を植える庭作りでしたが、いくつかの疑問を感じ始め、「」環境改善から考え住まう人も樹や植物達も居心地のいい環境を作ってこそ命を預ける地となりうると考え、その後自然の森の優れた仕組みを探求しながらの庭作りをしています。

Q.何件くらい森をつくりましたか

さぁ、数えた事はないですが・・・。100以上にはなると思います。

Q.なぜ、その活動をしているんですか?

「この地に生きる命が健やかに成長して行ける環境」としての小さな森作りは、住まう人の心も暮らしの質も高めてくれると思います。
コンクリートやアルミなどの工業製品は使わず、木や石など自然素材のみを使い経年とともに風化し深みを増す味わいを感じながら、樹や植物の成長を見守り彼らが描く四季の表情を楽しむ贅沢な暮らし方をご提供したい。
そこに尽きますね。

てくとが森づくりをするのはなぜ?

住宅メーカーなのに、庭づくりにも力を入れていると

このような質問をいただくことがあります。

 

家庭とは、「家」「庭」という字を書くように

暮らしのことを大切にしているてくとにとって、

家と同じくらい、庭も、暮らしには大切な要素の一つです。

 

庭にもいろいろあり、

シンボルツリーを植える庭作りもあります。

 

では、てくとはどうして「森」を作るのか?

人工的に作られた森は、人の管理が必要です。

しかし

自然の森は、人が管理しなくても成り立っています。

その差は一体なんなんでしょう?

 

人工的に作ったとしても

自然の森の環境のメカニズムを理解することで

人の手入れを最小限にすることができるということがわかりました。

 

森という字は木が3本。

最低3本以上の木たちは、

上空の葉っぱと葉っぱが触れ合うことでお互いの情報を交換し

たくさんの落ちた葉っぱの裏には菌糸が付着し、

菌と菌が繋がって情報交換をしています。

 

こういった環境の元となるのは

 

土中の環境改善から考えることで、

住まう人も樹や植物達も居心地のいい環境を作ってこそ

命を預ける地となりうると考え、

 

その後自然の森の優れた仕組みを探求しながら

森の職人と共に庭作りをしていきます。

 

お値段について

「小さな森」のお値段設定は、

その土地の状況や、お客様のご要望、トータルの予算に応じて

オンリーワンのプランを提案させていただいてますが、

それでは検討もつかないので、目安となるお値段をご紹介したいと思います

 

「3畳の森」

「小さな森」の仕組みが再現できる最小の単位が

畳3枚のスペースです。

1.5坪で約5㎡

幅2.7m奥行き1.8m程度のスペースです

 

一番肝心な「土中」に、通気水脈を施し

土中の環境改善から菌と菌を繋ぐ

菌根ネットワークを形成させます

 

このように土中環境改善を施した「3畳の森」は

50万円(税別)から可能です

 

オススメの植樹スケジュールは

最初に予算に応じた分だけ

例えば50万円(税別)分を形成し、

年に1本づつでも増やしていくスケジュールです

 

お子さんと一緒に植えることで

庭に愛着が持てたり、家族の思い出にもなるでしょう!

 

お問い合わせ、申込は、てくとまで

トップへ