BLOG
ブログ
暮らし・家づくりに関する
情報がいっぱいです

三輪 富生

三輪 富生

2020.01.31

注文住宅なのに注文しないのはドリームノートがあるから!

暮らしアドバイザー てくとの家 代表の三輪です。

てくとの家で家づくりをされているご家族に

理想の家づくり、理想の暮らしを実現するための

「夢を叶える」お手伝いをさせて頂く為の

ノートを一緒に作成してます。

『ドリームノート』といいます。

ベタなネーミングですみません(笑)

ドリームノートとは

ドリームノートとは約4年前からスタートした

てくとの家の心臓部と言ってもいいくらい企業秘密のイベント!

いつものように

秘密を、

代表自らバラしてしまう てくとの家(笑)

ドリームノートとは、こんなノートです↓

↑※約4年前から始めたドリームノートのVer.2の頃のドリームノートです。

今は進化してVer.5まで進化しました。

本当に最初のVer.1は酷いもんでした(笑)↓

↑ただのアルバムみたい。

(このドリームノートは、サンプルとして代表自らが作ったもの。(笑)徹夜して・・・)

このように

4年前の

当初の「ドリームノートワークショップ」は

僕も、スタッフも

不慣れ中の不慣れでスタート(笑)

参加してくれたオーナーさんの

センスあるアドリブで成り立っていたのは

全くもって否定できません(笑)

言い換えれば、この4年間で

いろんなオーナーさん達と

一緒に作り上げてきた

「ドリームノート」

と言っていい。

本当に

感謝しかありません。

現在の最新Ver.5は、こんな感じ↓

まさかのファッション!

もはや、

家の姿は無い(笑)

↑こちらも、インテリアなんか無い!(笑)

(※家の写真が全く無い訳じゃ無いのでご安心を)

Ver.4くらいから、家の写真ってあまり必要ないかも?って気づき

Ver.5からのオーナーさんに

「好きなファッションとか、趣味のことを貼って欲しいな」

と、お願いするようになりました。

なぜって?

ドリームノートは、理想の家のためだけじゃない!

なぜ、好きなファッションとか、趣味とかを

ドリームノートに貼って欲しいかというと

てくとの家が大事にしたいのは、

あくまでも『暮らし』

『ライフスタイルのご提案』だからです

家のイメージというのは、

ある意味

固定概念そのもの!

WEBで画像検索して、好きな画像を貼って

それを、

そのままマネをしておけば

オーナーさんの想像通りの

無難な家は完成していきます。

でも、この「オーナーさんの想像通り」は

実は危険なことだったりします。

もし、仮に

完成した想像通りの家が、

想像よりも「イマイチだ」と思ったら!

自分で決めたがゆえに、

その気持ちの行き場がない!

のではないかな?と。

そんな残念な結果になるんだったら

てくとのスタッフに任せちゃって

もし、ちょっとだけ気に入らなかったとしたら

てくとのせいにしちゃえ!

その方が、超〜気が楽(^^)

と、なるかどうかわかりませんがね

スタッフは、いつもガチンコで

オーナーさんと向き合います!

ホント超ガチンコです!

プレッシャーハンパないです!

でも、それくらい命削ってプランしますので

その家にかけるプレッシャーはハンパないので

いつも完成後の引渡し式で

泣きます(笑)

オーナーさんより先に泣きます(笑)

ドン引きかもしれないけど泣きます(笑)

あとは、ずっと何年も疑問に思ってたことが

「みなさん。

ホントにそこまでこだわりがありますか?」

という、コレを言うと元も子もない話なんですが

ココからはてくとの持論です。↓偏った持論(笑)

家を建てようと思った時に、どうするか?

まずは情報を集めるのかなと。

その時に、いきなり1社に訪問する人はそうそういないと思います。その会社を知ってれば別ですが。

雑誌を読んだり、WEBで調べたりすると思います。

いろんな会社さんが掲載されてる雑誌やサイトは、必ずと言っていいくらい、

「こだわりの◯◯」

「オーナーさんのこだわりが詰まった家」

「こだわりのキッチン特集」

と、

「こだわり」

という文字を、かなりすり込まれています(笑)

↑偏ったてくとの持論(笑)

「なんか、こだわらないと恥ずかしい」

「せっかくだから、こだわらないといけない」

「注文住宅だから、注文しないといけない」

と、すり込まれた情報と、注文住宅というイメージから、導き出された答えは

「そんなにこだわりないけど、とりあえずこだわってみる。けど、あまり自信がないぞ」

という答え。

しかも、ハウスメーカーや工務店から

「どんな家がいいですか?」

「どんな家にしたいですか?」

と、聞かれるから

「と、とりあえず、リ、リビングを、ひ、広く」

みたいに、なってしまう人は多い(てくと調べ)

てくと調べでは、

まあまあな確率で

「いい感じにしてくれれば、決めるのは面倒くさいからホントはお任せしたい。けど、どんな風になるのかわからないから不安」

と、思ってた人が、

てくとの家には多いような感じがした。

なので、てくとの家では

『注文住宅なのに、あまり注文しないでも

いい感じにしてくれる』と評判に(^^)

たしかにココ3年くらいは

照明器具の打合せはしてない

スイッチも

コンセントも、

だいたいの使う物や使い方だけ聞いて

打合せは、ほとんどしてない。

※なぜ電気のスイッチはあの高さにあるのか?というのも記事にしてますのでこちらも是非!

[st-card id=319]

あとで、建てられたオーナーさんに聞くと

「面倒な打合せが少なくて良かった」

「聞かれても困るから良かった」

と、子育て中で、いろいろヤル事もあるので

打合せするわずらわしさのほうが強いみたい

いろいろな観点からも、

「注文住宅なのに注文が少なくて、てくとにお任せ」

というのは、理にかなってる気がする

とまあ、偏った持論もあるけど(笑)

結果的にオーナーさんから喜ばれてるなら

すごく良いことだと思うので

「ドリームノート」

からの

「てくとお任せコース」

でいいのかなと思ってます。

『注文住宅なのに注文しない家』

かなりプレッシャーだけど

信頼してくださるオーナーさんのため

頑張ります!

トップへ