BLOG
ブログ
暮らし・家づくりに関する
情報がいっぱいです

三輪 富生

三輪 富生

2020.02.16

てくと代表三輪が答える!「てくとの家によく入ってくるお問い合わせや質問をQA集としてまとめてみた」


 
家づくりコンシェルジュ三輪です。

今回は、

『てくとの家によく入ってくる問い合わせ・質問』

について、お答えしてみたいと思います。
 

 
このQAは、

「家づくりに興味があるけど、てくとをこの記事ではじめて知った方」

はもちろんのこと、

現時点で少しでも「てくとに興味がある方」まで、

非常に幅広く、

家を建てたいという目的がある方

に読んでいただけたらと思います。
 
 

目次

坪当たりいくらで家を建てていますか?


住宅の建築費用を語る際によく使用される「坪単価」という言葉なんですが、

この「坪単価」の計算方法には全国の住宅メーカーで統一された基準がなくて、

住宅メーカーによって坪単価表示に含んでいる工事金額の内容が異なってるんです。

そのために単純な比較が難しいんです。
 
なので僕が答えても、どうやって比較したら良いものかお客様自身で判断しなくてはならないので大変です。
 
てくとは完全なオーダー住宅やお任せコースで、

それぞれのこだわりが取り入れられているので

一概に「坪単価」では表現できないんですが、

その代わり、

基本的に坪単価での価格提示ではなく、

実例を基にした総額でなら答えることはできるので、

気になった家のことを聞いてくれれば

可能な範囲でならお答えできます。
 
 

頭金はどれくらい貯めれば良いですか?

住宅ローンを組むのであれば、頭金を貯めることも大事ですが、

できるだけ早く住宅ローンを組んで返済が始められることをおすすめしてます。
 


早くローン返済が始まるということは、

早く終わるということ。

いま賃貸に支払っているお金も

できるだけ少額で抑えられるので、

頭金を貯めてから家づくりを始めるよりも

住宅ローンの返済を始めた方が良いんです。
 


賃料を払うよりも、

自分の家のローンを返済するほうが

「形のある資産として残ることにお金を使っている」

と感じられるんじゃないかなあと。
 


もちろん、ローンを組むには諸費用が必要です。

生活するのにも貯金も大切ですからね。
 
 

住宅ローンの相談に乗ってくれますか?


もちろんです。

むしろ任せて欲しいくらいです。住宅ローンは検討しようにも情報が多すぎてわけが分からなくなるんじゃないでしょうか。手続きも面倒だし、専門用語も飛び交うし。
 
そんな面倒なことに頭を使うよりも、これからの暮らしのことでイメージを膨らませる方が楽しいはず。
 
土地の購入から建築にかかる全ての総費用を算出し、負担のない返済計画をし、安心して、こだわりの家づくりができるように提案をしてます。住宅ローンのことは自信があるので任せてください。
 
 

土地探しからお願いできますか?


希望エリアや予算、暮らしのイメージから厳選した土地情報のみ案内しています。

 

 

もし気に入った土地が見つかったら連絡欲しいんですが、

新たに自分で探すのはやめておいたほうが良いです。

 


 
その土地にどういった建物が建つか?

そこでどんな暮らしができそうなのか?

がイメージ出来ないと、その土地を買うことはないと思います。

 
 

総予算も決まってないのに、もし、その土地を買ってから理想の暮らしができなかったら本末転倒です。

 
 
しかも土地探しはスピードが勝負なんです。
 
自分であれやこれややっている時間よりも、これからの暮らしのことでイメージを膨らませる方が楽しいじゃないですか。土地探しも任せてください。
 
 

家づくりを進めるにあたり、契約までどのくらいの期間がかかりますか?


人によってまちまちです。

ですが、

てくとには「簡単3ステップ」という、家づくりに失敗しないための進め方をレクチャーしてますので、ダラダラと引きずって進めることはなくなると思います。
 
なのでまずは、現在の状況を教えてください。
 
 

工事期間はどれくらい掛かりますか?


土地や建物の大きさにもよりますが、工事を始めてから5ヶ月から6ヶ月くらいかけて工事をしてます。

てくとの家は、他の住宅メーカーと比べて、のんびり(笑)

 

ですが、そのぶん丁寧に工事したいという想いがあります。

 
 
一生暮らす家ですよね?焦って建てたくない。

僕らも職人さんもその家をずっと面倒を見ていくつもりです。
 
手抜きをしたら後で困ってしまうのは自分たち。

もちろんそこで暮らす家族にも迷惑がかかってしまいますしね。
 


 

家づくりの相談の際に費用はかかりますか?また、どの時点から費用がかかりますか?


家づくりのご相談、資金計画、暮らしのイメージ作りまでは費用はもらってません。てくとでは、土地探しからお手伝いしてますが、土地購入の判断をするための「暮らしのイメージ」をしてもらうことが大事だと思ってます。
 
思い描いた暮らしができそうな家が、予算内でいけそうで、

さらに「てくとのことを信頼できそう」と思えたら、

『住宅デザイン申し込み』をしてもらいます。
 
そこで100万円(税別)を頂いてます。

この申込をしていただくまでは、

間取りを提出したり、先に進めることをしていません。

「とりあえずプランを書きます」というスタンスではなく

お互いに納得できて、信頼関係が築けてこそ

良いプランがご提案できると考えています。

一生のお付き合いをさせていただくわけですから、

「とりあえず」でプランができないんです。

ですので、申込が会った後からは、

全力であなたの理想の暮らしにあう土地を探すことからスタートして、

間取りプランを考え、仕様を選定し、熟考し、予算調整をして

工務店さんとの契約に向けてサポートしていきます。

工務店さんの契約後は、家が完成するまでのサポート期間になります。

金融機関さんからの融資実行時に代金200万円(税別)をただいております。
 
 

図面の作成、申請書類の作成サポートや工事が始まれば現場のチェック、

各種手続きのサポート、完成、引き渡し後のサポートなど行なっていきます。

二世帯住宅や店舗付き住宅の建築はできますか?


二世帯住宅や店舗併用住宅の実績が多数あります。

二世帯住宅は、様々な暮らし方があり、家族の人数や成長に合わせてプランを考えておく必要があるんです。
 
音の伝わり方や生活時間の配慮など二世帯に適した提案が必要です。
 
そしてなによりも、「打ち合わせの仕方」が重要なんです。
 
二世帯住宅ならではの打ち合わせの進め方があって、それができないと、かなりの確率で後悔することになるでしょう。

 
 

 
また、店舗併用住宅は業務形態によって検討することが全く違うのでどんなことをしたいのか聞かせてください。
 
 

見学会以外でどんなイベントがありますか?


実際にてくとの家で暮らしているオーナーさんの家に行ってインタビューできる「オーナーさん暮らし探訪」というイベントは人気です。
 
見るだけじゃなくて、実際に家づくりを経験しているオーナーさんならではの意見を聞ける良い機会。
 
ほかにも、家づくりセミナーやDIYクラブなどもやってます。子育てに関する講座や健康に関する講座も多数行ってるので、いろいろ参加してみてください。
 
 

設計は誰がするのですか?


まず最初は建築家でもある僕が基本設計をしてますが、スタッフの高橋と、女性建築家スタッフと共に相談しながら進めてます。

土地は、何度も見に行ってます。
 
朝、昼、夜の雰囲気を。特に夜は、街灯の明るさや近所のアパートの常夜灯の明るさを反映させてます。
 
こだわりを反映しするために時間はかかってしまうけど、プランは暮らしに密着しつつも発想は豊かに考えていきたいですね。
 
 

太陽光発電も設置しますか?


設置してます。ただし、太陽光発電ありきではないんです。
 
ZEHというものが世間では流行ってますが、ZEHよりも、もっと大切なことがあります。優先順位を考えてから設置することをお勧めしてます。
 
 

外構エクステリア工事もお願いできるのですか?


てくとの家では外構エクステリア工事は必須です。庭での暮らしは一戸建ての家の醍醐味。


 
設計の段階からウッドフェンス、ウッドデッキ、植木の位置や種類までざっと計画して後は暮らし始めてから決めていけば良いんじゃないかと考えています。
 


家づくりの重要なポイントは、トータルバランスを考えた設計。引っ越した直後から、3年、5年と年月を経て植木が茂った住まいも味わい深いもの。
 
新築の住まいと年を重ねた住まい、その変化も「オーナーさん暮らし探訪」で見学してみてはどうでしょう?
 
 

どのような業者が工事に携わるのですか?


信頼できる工務店に依頼してます。信頼とは、第三者の検査機関で検査を受けてもらっても問題ないクラスの工務店が一つの基準です。
 
ただベテランの協力業者という曖昧な基準ではなく、第三者が検査することで手抜きを抑止する効果は絶大なんです。
 
「責任施工」とか言って、自分の会社だけで検査をしていても、「自己管理ほど甘いものはない」と思ってます。
 
そういう意味では厳選された職人ばかりですね。

とはいえ、現場の管理・整頓・態度・マナーは日々精進していかなければなりません。
 
 

外壁、床のお手入れはどうしているの?


外壁は、将来のメンテナンスを考慮して長持ちする素材をオススメしてます。主にはガルバリウム鋼板という素材。
 
メンテナンスは、35年から40年と言われてますが、色によってはもっと長持ちすると思います。床材は無垢材を使用することが多いです。
 
傷は「家族の思い出として楽しんで欲しいので「味」と捉えて欲しいです。
 
汚れもサッと吹けば残らないんですが、どうしても気になる場合は、サンドペーパーで削ってオイルを塗ることもできます。実はカーペットもオススメ。掃除機さえかけてくれれば、ダニや汚れはフローリングよりも綺麗になります。
 
年に数回、メンテナンス講座を開くので、住み始めてからも安心してください。
 
 

カビ・ダニ・結露が心配なのですが?


家づくりに「科学」の要素を取り入れているので、カビ・ダニ・結露の発生するメカニズムを徹底的に研究してます。
 
素材によっては「湿気を吸ったり吐いたりするから安心」というフレーズの物もありますが、イメージだけで選んではいけません。カビ・ダニ・結露が発生しにくいようにロジカルに考えて設計し、工事が伴って初めて防げるんです。
 
家が原因で起こってしまう病気はキチンと考えて建てることで、防げることは多いので、もし不安なことや心配なことがあれば、遠慮なく相談してください。
 
 

家族の健康のために今日からできることはなんですか?


冬であれば先ずは暖房です。ヒートショック事故を防ぐためにも、冷え性を予防するにも暖房です。暖房費は高くなるかも知れませんが、命よりも大切なものはないはずです。
 
これからの時代の家づくりには、ヒートショック対策は必須です。
 
 

新築でもやはり花粉やほこりに悩まされますか?


花粉よりも細かなフィルターの換気システムを利用するのでかなり軽減されていると、オーナーさんからも好評です。
 
家の中は綺麗な空気になるように工夫してます。
 
 

どうすればアレルギーやアトピーが楽になりますか?


過ごす時間の長い場所、つまり家の中でカビやダニ、ほこりを吸い込んでしまわないような暮らしをすることが大事です。
 
空気の綺麗な田舎に引っ越しても、そこの家の中の環境次第で逆効果になってしまいます。即効性は無いのでもしかしたら長い年月をかけなければいけないかもしれません。
 
そう考えると一刻も早く良い空気の住環境に身を置いてみてはどうでしょうか。アレルゲン対策はしっかりと考えています。
 
 

生ゴミ・下駄箱・トイレ・ペットのにおいはどうですか?


嫌なにおいは上に上がらないように上手に計画的な換気ができるように設計してます。汚れた物質、ニオイの元となる物質は重量が重いので床に落ちてくる。
 
そこで、床面に排気できる換気口があると、スムーズにニオイを外に出してくれます。
 
 

換気システムの電気代はどのくらいですか?


てくとの換気システムは7~13W/h。ひと月使用で100円前後。

思ったより省エネでしょ?(笑)
 
 
 

換気システムならなんでもいいの?


快適な室内温度と湿度を換気で逃がしてしまわないよう、対策が必要です。特に冬は熱を無駄に逃がしてはもったいない。
 
生活で出る熱を再利用するように設計してます。
 
 

光熱費は年間でどのくらいですか?


快適に暮らしたという前提で、年間13万~16万円の光熱費を達成。全電化住宅で水道代は別です。
 
 

高気密高断熱住宅なら暖かい家になりますか?


実は、高断熱・高気密住宅でも間取りが悪いと暖かい暮らしはできません。みんな勘違いしているんです。
 
高気密高断熱は当たり前としたうえで、熱を逃がさない換気と間取り、そして最も大事なのが住む人の「暮らし方」なんです。
 
てくとでは、その「暮らし方」のレクチャーがあリます。なので、断熱材がどれが良いとか、そんなことはプロに任せて良いので安心してください。
 
 

住み始めてから何かあった場合、どうすればいいですか?


てくとの家にご連絡してください。重たいものをぶつけてしまってフローリングがへこんでしまった。誤ってガラスのボウルを割ってしまった。
 
自力で解決できたら良いけれど、どうすればいいのかわからない。
 
そんな時は、てくとの家に連絡してください。保険を使ったり、新しいものと交換したり、一番安心な解決方法を伝えて、お客様の困りごとに向き合います。
 
 

保証などはありますか?


てくとの家では大手のハウスメーカーさんと同様に

「60年保証」という保証もありますが、

保証以外にも安心して家づくりができるようなところがあります。
 
 
①全棟気密測定をして健康と省エネの安心
②全棟VOC測定で健康への安心
③全棟第三者検査機関の検査で欠陥なしへの安心
④24時間365日かけつけサービスでもしもの時の安心(任意加入)
⑤工事完成保証で工務店がもしもの時への安心
 
 

知りたかった情報が網羅されてました♪

てくとでお家を建てる際の仕組み・考え方・コダワリといったことを更に掘り下げていきたいなと思っていた今日この頃。
 
「家づくり」や「暮らし」のことを語りだすと本当に止まらなくなってしまい、

非常にボリューミーなQAになってしまいました(笑)
 
今回の記事でまとめたQAは、

「てくとの家、興味あるなあ~」と既に思ってくれている方であれば、ぜひ一度上から下までじっくり読んでいただいて今後の参考にして頂ければと思いますし、実際に納得していただけるまで語りますので、直接会って話を聞いてみるといったアクションを起こしてみてください。
 


また、この記事を読むまで『てくとの家』を知らなかった方におかれましても愛知県にはこんなハウスメーカーがあるということをまずは知って頂ければと思いますし、

愛知県以外にお住まいで愛知県以外にお家を建てようとお考えの方も、

てくとの家なら大丈夫!施工できる範囲は”世界中どこでも”なので、もちろん気軽に相談可能です!
 
まだまだ、このQAに書かれていること以外でも疑問・不安・悩みはいろいろあるかと思いますので、そんな時は遠慮せずにLINEなどで

直接コンタクトをとってみてください!
 

 

トップへ