BLOG
ブログ
暮らし・家づくりに関する
情報がいっぱいです

てくてく博士

てくてく博士

2020.03.18

新築で次世代住宅ポイントを受け取る条件とは?次世代住宅ポイントについて解説!

てくてく博士です。

次世代住宅ポイント制度についてご存知ですか?

 

新築で次世代住宅ポイントを受け取るには条件があります。

いったいどうすれば次世代住宅ポイントがもらえるでしょうか。

 

ちなみに、2020年3月現在の情報ですので、

ポイントがもらえる日程条件は、確認が都度必要です

□そもそも次世代住宅ポイントってなに?

次世代住宅ポイントは、消費税率が上がるタイミングで作られた制度です。

 

 

消費税率が上がった後でも、住宅の需要を喚起するために考案されました。

 

住宅のリフォームや新築によってポイントを貯められます。

 

このポイントを使って、さまざまな商品を購入できます。

 

「次世代住宅ポイントは過去の住宅エコポイントとは違う制度なの?」

 

次世代住宅ポイントは住宅エコポイントの制度を包括した、よりよい制度だといえるでしょう。

 

次世代住宅ポイント制度はこれまでの制度の条件に加えて、より広い条件を設定しています。

 

ポイントは健康増進や防災に関するもの、子育てに役立つものといったさまざまな商品と交換できます。

 

生活に役立つ商品が用意してあるため、ご自身の欲しい商品が見つかるでしょう。

 

なお詳しい商品の詳細は、次世代住宅ポイント事務局のホームページで確認できます。

 

気になる場合はぜひ確認してみましょう。

 

□どうすれば次世代住宅ポイントがもらえるの?

次世代住宅ポイントがもらえるタイミングは大きく2つあります。

 

1つ目は注文住宅を新築するときや、新築分譲住宅を購入するときです。 

このとき借家が次世代住宅ポイント付与対象にならないことに注意してください。

 

住宅の性能面でも条件があり、条件を満たさなければ次世代住宅ポイントはもらえません。

 

性能に関する条件はさまざまで、ある程度質のよい住宅にしなければいけません。

 

これには性能向上計画認定住宅や、高齢者等配慮対策等級3以上といったものが当てはまります。

 

また、耐震性がない住宅を新たに建て替えることも次世代ポイント制度の条件に含まれています。

 

さらに、家事の負担を抑えられる設備が付いた住宅も、性能の条件となるので覚えておいてください。

 

ポイントが付与される条件は、達成した条件によって15万ポイント、30万ポイント、35万ポイントと異なります。

 

2つ目のポイント付与タイミングは、住宅をリフォームするときです。

 

対象となるリフォームは、工事請負契約を伴う場合に限ります。

 

DIY(会社に頼むのではなく、自身でリフォームを行うこと)はこの契約に含まれない点に注意してください。

ただし住宅の種類は問われません。

そのため1つ目のポイントがもらえるタイミングとは異なり、借家をリフォームする場合も対象に入ります。

 

どのようなリフォーム工事が対象になるのかが気になる方はいらっしゃいますよね。

 

ポイント付与の条件には、さまざまなリフォーム工事があります。

 

たとえば耐震性を改善させる、バリアフリー化する、エコ住宅の設備をつけるといったような工事があります。

 

なお、リフォームをする前と、した後の写真を残しておく必要がある点に注意してください。

 

証拠として変化を示すために写真の撮影が義務付けられています。

撮影はリフォーム会社にお願いできますが、念のため自分自身でも複数枚写真を撮って起きましょう。

 

□新築の場合、次世代住宅ポイントはどれくらいもらえるの?

新築を購入する際は、条件や性能によって異なりますが、最大で35万ポイントがもらえます。

 

注意点として、1回の申請でもらえる予定のポイント額を確認しましょう。

 

ポイント数が2万を下回った場合は、次世代住宅ポイントの申請ができなくなってしまいます。

 

規定の性能を満たした住宅では、30万ポイントが付与されます。

 

たとえば断熱等性能等級が4、劣化対策等級が3、耐震等級が2といった条件があります。

 

これらはどれか1つの条件さえ当てはまっていれば構いません。

 

そしてさらに性能がよい住宅では、追加で5万ポイントが付与されます。

 

これら2つのポイントが両方付与されると、最大で35万ポイントがもらえます。

 

5万ポイントの条件としては、認定長期優良住宅や認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅である必要があります。

 

リフォームは新築購入時と同じく、2万ポイントを下回る場合にポイントが発行されない点に気をつけましょう。

 

リフォームを行うことで、最大で60万ポイントをもらえます。

 

ただし、付与されるポイントの上限は条件によって異なるため、注意してください。

 

たとえば若者、子育て世帯が中古で購入した物件をリフォームするときの上限は、60万ポイントです。

 

若者、子育て世帯でない世帯が、安心R住宅のリフォームを行う際の上限は、45万ポイントです。

 

上限ポイントは低いときで30万円となります。

 

高いときでは60万円になるため、どのような条件が当てはまるのかよく確認しましょう。

 

□まとめ

次世代住宅ポイントについての理解は深まったでしょうか。

 

条件によってもらえるポイント数や上限は異なるため、よく確認してください。

 

ぜひ今回の記事を参考にしてください。

 

てくとでは、

「あなたにとっての豊かな暮らしを一緒に考えます」をスローガンに、

お客様が笑顔と幸せになれるよう、サービスを提供していきます。


何かありましたら、お気軽にてくとまでお問い合わせください。

↓公式LINEからもお問い合わせできます

友だち追加


トップへ