BLOG
ブログ
暮らし・家づくりに関する
情報がいっぱいです

三輪 富生

三輪 富生

2020.03.01

岡崎市で新築を検討中の方必見!ZEHの耐震性と長期優良住宅について

暮らしアドバイザーの三輪です。

この記事は、

少し真面目な路線で書いてみようと思います。

 

僕らしく(笑)

 

ここ数年、「ZEH」という文字を目にしませんか?

新築での家づくりを検討してる人は

何度も目にするのではないでしょうか?

 

そこで、新築を検討してるかたから質問がありましたので

お答えしたいと思います。

 

質問です! ZEHの新築を検討しています。耐震性が気になるのですがZEHだと耐震性は、どうなりますか?

まず、

「ZEH」は、

「ゼッチ」と読むんですが

Net Zero Energy House

(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。

 

「ゼロエネ」という言い方もします。

読み方だけで、いきなり

なんだかややこしいことになってます(笑)

 

読み方は、どうでもいいので

ついてきてくださいね(笑)

 

まず

ZEHとはどんなものか?

正味、消費エネルギーがゼロになり、

光熱費が抑えられるのが特徴です。

 

ただ

残念ながら、一般的には

本当にゼロになるわけじゃなくて

机上の空論ではあります。

 

太陽光発電システムありきの制度で

逆を言えば、

太陽光発電をたくさん設置すれば

正味、消費エネルギーがゼロになって

「ZEH」になります。

 

 

例えばの話、

新築一戸建て住宅のAという家で

6Kwの電気を消費したとして

太陽光発電システムを6Kw設置すれば

正味、消費エネルギーがゼロになって

「ZEH」に。

 

一方で

新築一戸建て住宅のBという家で

3Kwの電気を消費したとして

太陽光発電システムを3Kw設置すれば

正味、消費エネルギーがゼロになって

「ZEH」に。

  

どちらもZEHで

どちらも省エネな家なのか?

というと、疑問ですね?

 

 

最近は、

「さすがに断熱性の効果も検討しないと

太陽光発電システムありきじゃね(笑)」

 

と、断熱性能も、ある程度満たさないといけなくはなってきましたがまだまだ不十分なところはあります。

 

 

とはいえ、

ZEHの基準を満たせば、

国から補助金がもらえるという制度もあり、

非常にメリットが多い住宅形式ではあります。

  

しかし、

気になるのがZEHの耐震性といった住宅としての強度ですよね。

 

大地震の発生が心配されている日本では耐震性は家選びにおいて重要な要素であると言えます。

 

そこで今回は、

ZEHの耐震性とそれに関わる

長期優良住宅について紹介したいと思います。

 

ZEHの耐震性

そもそもZEHの耐震性というのは

どうなのでしょうか?

実際のところ、ZEHというのは

・省エネ

・創エネ

・断熱性(断熱性能はまだまだ基準が低いですが)

の3つの要素に優れた住宅とされ

実は、

耐震性に関しては

特別な設備が必要とされていません。

 

なんと、

ZEHの耐震性は

一般の住宅と変わりません

一般的な住宅が満たす耐震基準を

ZEHも満たして建てられている

ということになります

 

意味、わかりました?

もう一度簡単にざっくりと言うと

『ZEHと耐震性は関連してない」

ということです。

 

ZEH は ZEH

耐震性 は 耐震性

と、全く別物だということです。

 

なので、勘違いしちゃいけません

「ZEHだから安全」

というわけでは全然ないので

とても注意が必要です。

 

ZEHを長期優良住宅に

一方で

長期優良住宅という言葉をご存知でしょうか?

 

長期優良住宅というのは、

耐久性や耐震性、可変性など、長期にわたって良好な状態を維持できる構造を備えた住宅のことを指します。

 

耐震性を心配されている場合には、ZEHに加えて、この長期優良住宅にすることをおすすめします。

 

てくとの家では、例外を除いて

この長期優良住宅になります。

 

いわゆる標準です。

 

その理由としては、

まず住宅としての強度が高まるということです。

 

長期優良住宅の認定基準の一つとして耐震性があります。また、せっかく建てたZEH住宅を長持ちさせることができます。

 

そして

長期優良住宅にすべきもう一つの理由が、

長期優良住宅にすることで

多くの優遇制度があることです。

 

長期優良住宅は

ZEH住宅と同様に

国によって推進されている住宅形式の一つであり、

国によって認定を受けると、

所得税や登録免許税、固定資産税などの

多くの税金が免税・減税の対象となるのです。

 

 

この日本で、

免税、減税の対象となるということは

どういう意味があるかご存知ですか?

 

日本という国が、

税金を払ってもらう額を減らしてでも

ぜひとも取り組んでもらいたいという

意思表示なんです。

 

少し前には、

「エコカー減税」というのがありましたよね?

 

あれも、日本という国が

二酸化炭素の排出量を減らすということを

国として世界へアピールしてるので

エコな車をなるべく買ってほしいという想いから

「買う時に減税しまっせ!」という制度でした。

 

実は、国が抱えてる問題で

住宅の問題もあります。

今までに建てられた住宅で

耐震性や省エネ性が良くない家が多すぎたんです

 

加えて

30年から35年くらいで建て替えられてしまう

造っては壊し、造っては壊しの住宅業界

 

「スクラップ&ビルド」とか「負の遺産」

とか言われてます。

 

そこで、

長期優良住宅は

「耐震性」「省エネ性」「維持管理のしやすさ」

「メンテナンス計画」「劣化対策」「可変性」

などが、一定の性能以上でなければなりません。

 

 

難しそうに感じるかもしれませんが、てくとの家の場合はご安心を!

 

てくとの家では、そもそもの考え方で「安心・安全を提供」と考えていますので

長期優良住宅になります。

 

てくとの家は、標準的な造りかたで

長期優良住宅の基準を満たしてしまうので

あとは、

 

申請手続きや事務手続き的なことをするだけです。

 

長期優良住宅にすることによって

他にも、保険や住宅ローンの金利も優遇されるケースもあり、

新築を検討してる人にとっては

非常に多くのメリットがあるのです。

 

住宅にかかる税金の額というのは、

かなり大きな金額であるため、

この優遇制度が非常にお得な制度であることは間違いないでしょう。

ZEH、長期優良住宅のどちらも

国が推進されている住宅形式です。

「国策には逆らうな」

ではありませんが、

 

長期優良住宅にすることで、

住宅としての強度がある程度保証され、

より安心して生活することが可能になりますし

ZEHをより長い間維持するためにも、

ZEHを長期優良住宅にしてみるのも

良いのではないでしょうか。

 

てくとの家は、

ZEHもオススメしていますが

長期優良住宅もオススメしています

 

てくとでは、

「あなたにとっての豊かな暮らしを一緒に考えます」をスローガンに、

お客様が笑顔と幸せになれるよう、サービスを提供していきます。


何かありましたら、お気軽にてくとまでお問い合わせください。

↓公式LINEからもお問い合わせできます

友だち追加
トップへ